魔法の名刺屋「はたらく名刺」トップ

 

ようこそ。魔法の名刺屋さんのホームページへ☆

 

売れる集客名刺のホームページ

 

 あなたが探していた名刺は、ひょっとしてコレですか? この楽しい名刺はその名も「はたらく名刺」と言いまして、私が作成しております。このはたらく名刺、営業から現場までこなす自営業さん向けの「売り込まずに売れる超集客販促アイテム」でして…

 売り手と買い手の間にある「高くて厚~い壁」を一撃で打ち破ってくれる「最終兵器」なのです。
 
 もしかして興味がおありですか? でしたらこのホームページ、順を追って隅々まで読んでいって下さいね。(・∀・)/

 



売れる名刺作成専門家「新潟の魔法の名刺屋|美写紋堂」佐藤 たかあき

 

 こんばんは。名刺作成を仕事にしている新潟市の さとうです。今日も1日、お仕事ご苦労さまでした。

 え!? 仕事中に見ている!? あなたは自由な人なんですね(笑)

真っ昼間から私のホームページなんぞを見ているって事は…

 好きで始めたこの商売、真っ当な仕事だし、世間様から喜んで貰えるハズなのに、イマイチ伝わってないんだよなぁ…
 
 なぁんてことを考えてません? それって…

 

名刺が原因かも

 

 何屋さんか、しっかり書いてます? 出来る証拠や顔とか人柄、ばっちり載せてます? 屋号と氏名と連絡先しか書いてない、そんなの頼むとか以前の問題。

 名刺ってコチラから相手に渡すモノだから、例え挨拶程度で渡しただけでも少なからずお相手さんは「売込み」を感じるんですよ。シンプルな名刺って極論を言えば「何を売ってるのかも言わずに買うかどうかの判断を迫ってる」に等しいワケ。折り込みチラシとかならスルーできるけど、名刺は対面で渡してるからリアクションに困るのよね。

 これって相手にとって…

 

迷惑な話

 

 それを解決するのが…

 

はたらく名刺

 

 アナタがご自分のご商売を広める気が無いなら何も言いませんケド、そうじゃないならこの機会に…

 名刺を見直してみませんか?(・∀・)/

 



売れる「はたらく名刺」の開発秘話

 

 なぜ私が名刺作成を仕事にしてるのか? 話をしてもイイですか?


アナタ:いーよー。 
わたし:そりゃどうも^^ では…

 実は私、新潟の専門学校を卒業後、印刷関係会社や看板屋さん等を渡り歩いて、2000年から個人事業で看板専門のデザイン屋さんを開業しました。看板屋さんから下請けでお仕事頂いてまして割と調子良かったんです。 でも…

 

世の中甘く無い!

 

2007年頃から不況の波に飲み込まれまして…

 

受注激減!

 

 詳細はコチラを読んで頂くとしまして、結論としては… やっぱり下請けの仕事は辞めて、元請けでやらなきゃイカン! っと考えたワケです。つまり…

 

脱下請け!

 

 よくある話でしょ。「看板の仕事を直接貰えるようになろう!」と異業種交流会やセミナー勉強会、講演会等に積極的に参加して様々な事業主さん達と名刺交換させて頂いたのですが…

 

撃沈!(泣)

 

 特に私に興味を示して下さる事業主は1人として居らず、それだけならまだ良いんですけど…

 

「デザイン屋さん? ウチは知り合いに頼んでるからなぁ」

 って、名刺を渡しただけで、まだ私は何も言って無いのにいきなりシャットアウトしてくる人まで。そりゃないぜ~(泣) そんな時期、とあるセミナーで講師を務められてた販促の先生に相談したら、こんな答えが返ってきました。

 「使えば良さがワカル」それはアナタの言い分。使う前に良さを分かるようにしてくれないと、怖くて頼めないじゃないの。『自分の言いたい事ではなく、相手の知りたい事を伝える。』これが宣伝のコツですよ。

 って。ごもっともでございます。m(_ _)m

 その時に使ってた私の名刺、屋号と氏名と連絡先だけ… なんだコリャ!

 

只の名札だ!

 

 そもそも何屋かすらも分かり辛い…。こういうシンプルな名刺って大企業みたいにそれなりにシッカリした会社で、その会社の信頼を背景に活動できる人でないと通用しないんじゃないかな…。じゃぁどうすれば…

 

分かって貰えるの?

 

 本も沢山読みました。勉強会にも沢山行きました。泊まりがけの合宿セミナーにも参加しました。(金も無いのにキツかったぁ…汗)

 とにかく私には金が無いので名刺しか武器に出来ない! 名刺で何とか看板の仕事を取るべく脂汗かきながら「相手の知りたい事って何だろう?」と、ひたすら自分の名刺をいじり続けていましたら…

 

反応が激変!

 

「みんな アナタの様な人を探しているから頑張って」と激励して下さる方までいて、もうビックリ。

 あれ? こういう名刺って他の人も欲しいんじゃないの? 名刺も看板みたいなモノだし、自分のやりたい事とそんなに掛け離れてはないよね?

 

 って、これが名刺を商売にしようと思ったキッカケ。とりあえず看板の事は脇に置いといて2009年頃から名刺屋さんとして本格的に始めました。それからも何か気付きがある度に名刺を作り直した結果… 以前に多かった質問ナンバーワン…

 

何屋さん?

 

それが今では…

 

いくらなの!?

 

 に変わりました。この違い、わかりますかね?(ニヤリ)

 今では名刺もそこそこ売れるし、名刺キッカケで地元のTVや新聞にも出ちゃいましたよっと。

 



こんな人にこそ「はたらく名刺」をお勧めします

 

はたらく名刺をオススメする方、それはズバリ!

 

私に似てる人!

 

 顔じゃないですよ(笑) 境遇というか状況ね。

 

 好きで始めたこの商売、真っ当な仕事だし世間から喜んで貰えるハズなのに…イマイチ伝わってないんだよなぁ…と困ってる自営業さん。

 

 私はそういう人の気持ちしか分かりませんし、感情移入もできませんので以下の様な人からの作成依頼はお断りさせて頂いております。

  • 強者・業界大手の方(そもそも必要ないでしょ)
  • 外見しか興味無い方(デザイナーに相談してね)
  • とくに困って無い方(道楽には付き合えません)
  • 多角経営をしてる方(各商材に愛情無いでしょ)
  • 商材に自信が無い方(そんな仕事辞めましょう)
  • 商売を始めてない方(まずは自力でやりましょ)
  • 後ろめたい商売の方(家族に説明できないよね)
  • 私のHP見てない方(信頼関係を築けないよね)
  • 押し出しの強~い方(私そういう人、苦手です)
  • 短気で怒りっぽい方(私そういう人、苦手です)

 残念ながらいづれかに該当してしまった方、私とはきっとご縁が無い方だと思いますので、他所の名刺屋さんをお探しください。m(_ _)m

 お! どれにも該当しませんでした? そんなアナタは「はたらく名刺」の有資格者ですよ。胸張ってドンドン続きを読んでくださいね。

 



名刺交換から始まる商売繁盛

 

 せっかく名刺を渡したのに…

 ちゃんと伝わってない。覚えても貰えない。これじゃ次に繋がるワケがない。


 そんな経験、誰だってありますよね。かく言う私がそうでしたから。でも、それを解決できるのが…

 

はたらく名刺!

 

 はたらく名刺を作るには私にご依頼頂ければ話は早いんですけど「会った事も無い人間に高額なモノ頼むのもちょっとなぁ」って思いますよね。私だってそう思いますよ。我ながら無茶な商売してる自覚あります。

 だから無理に「私に名刺作成を依頼してね」とは言いません。名刺くらい今時は誰でも作れますから、せっかく私のHPを訪れてくれたアナタにだけコッソリと売れる名刺作成のコツを教えちゃいましょう☆

 それはね…

 お客様の知りたい事さえ書いてあれば良し!

 

これだけ!

 

 え!? 抽象的すぎ? んじゃ、もうちと具体的に言います。それはね…

 何屋さん?  ちゃんと出来るの?  で、あなた何者?


 これがお客様の3大疑問なのです。だから…

  • 業種業態を何よりも大きく書くベシ!
  • 仕事の様子がワカル写真を入れるベシ!
  • 顔出し&個人ネタで人を売るベシ!

 これ、はたらく名刺の3つの掟ね。これを載せておけば…

  • 事業内容が  バシ!  っと伝わり、
  • プロなのが  サク!  っと伝わり、
  • 人となりが  ジワ~  っと伝わる。

 お客様の知りたい事さえ書いてあれば良し。

 

簡単でしょ〜

 

 え!? わからん? うーん、どうしたら分かって貰えるかな… あ、そうだ!では、そんなアナタの為に一肌脱ぎましょう。
 
 たった3分であなたの名刺が激変する(かもしれない)、売れる名刺の作成アイデアをガッツリ記した小冊子「はたらく名刺の作り方」を無料で差し上げましょう!(よっ、太っ腹!)

 ご自身のご商売を盛り上げるために名刺の見直しを考えている。そんな方はどうぞ遠慮なくご請求くださいね。

 

無料小冊子(売れる名刺作成方法 虎の巻)プレゼントページへ


 今時は名刺くらいパソコンあれば誰でも作れますものね。アナタでも売れる名刺が作れるようになるヒミツの手引書(虎の巻)となっておりますよ。

 

え!? そんな小冊子より作例や実績が見たい?
はたらく名刺が実際どんな名刺で、どんな人が使っているのかって?

わかりました。わかりました。それは次ページに譲る事にしましょう。


お先に失礼!一足先に売れる名刺で集客しちゃってる
ちゃっかり先輩ユーザーさん達が大勢いますよ

▼名刺の作品実例(実績)集はコチラ▼