トップ > はたらく名刺作成のQ&A

はたらく名刺作成Q&A

ここまで読みに来て下さるとは
アナタは余程「はたらく名刺」が気になっておられますね(笑)
 
当ページには過去に実際に頂戴したご質問をまとめました。
ココにアナタの知りたい情報が無ければ、小冊子請求と共にお問合せ下さい。



【魔法の名刺屋さとうについて】

 

佐藤さんは名刺しか作らないの?

 いいえ。表向きは「名刺だけを作っている」という事になっておりますが、名刺作成させて頂いたお客様から他の販促物(チラシ・看板・HP・グッズ)のご依頼を頂く事が結構ございまして、実はそっちの方が仕事の割合としては多かったりします。
 他にセミナーで講演したり、販促物に関するアドバイス等もいたしております。なので「毎日の様に名刺を作っている」というワケではありません。ちなみに名刺作成をご依頼下さったお客様に対して「次はアレを作りましょう、コレを作りましょう」と営業を掛けるような事はいたしておりません。


【名刺作成の取材について】

 

どうしても取材が必要ですか?

 取材は絶対に必要です。ご依頼者様を取材した上で名刺を作成する利点は、お仕事ぶりや仕事場や現場を見せて頂く事で、お仕事上で何を大切にしておられるのかが体感として分かる事です。自分の目で確かめずにお客様のご要望だけを聞いてイメージで名刺を作ってしまうと、どうしても実態とのズレが生じます。
 私の目(客観的な第三者)から見たアナタ像を名刺に表現する事で、本当のアナタの名刺が作れます。本当のアナタに興味を持ち、信頼し、気に入って下さる人がお客様になって頂ければ、相思相愛のお客様を相手に楽しいご商売を長く続けて頂く事ができるものと考えております。

 

コチラから新潟に出向いてはダメ?

 新潟にお越し頂くのはNGでございます。私が必ずアナタのお仕事場に伺わさせてください。
 その理由としましては「私の仕事場は散らかっておりますので…」というのは冗談としまして。百聞は一見にしかずと申します。アナタの職場をこの目で見る事で得られる情報はとても貴重なのです。何気無く飾ってある小物などからアナタの趣味が垣間見えたり、本職の人には当り前でも素人目には面白いと感じる仕事道具や舞台裏などは部外者でないと気付けないものです。
 あと、アナタのお客様はアナタの会社やお店がどのようなトコなのか分からず不安に思われている事もございます。ですので私がアナタのお客様の代わりとなってアナタの仕事場に突撃、「こういう会社(お店)の、こういう人でしたよ。」と名刺で紹介する事によって、安心感にも繋がると考えております。

 

出張料はいくらになりますか?

 新潟県内なら無料です。新潟県外のお客様は出張費のご負担をお願いさせて頂いております。ご参考までに今までの実績で、東京都中野区・神奈川県横浜市・千葉県成田市・栃木県小山市・宮城県仙台市で4万円。静岡県浜松市・愛知県豊橋市で5万5千円。滋賀県近江八幡市で6万円。岡山県倉敷市で6万5千円。徳島県徳島市で8万円。群馬県前橋市・富山県富山市で3万5千円。山形県寒河江市で3万円。沖縄県浦添市で12万円をそれぞれ頂戴いたしました。
 ご自分の場合の出張費がお知りになりたい方は、まず無料小冊子をご請求ください。「出張費の計算方法を記した用紙」を同封してお送りさせて頂きますので、ご自身で算出されてみてください。正確な数字をお知りになりたい方は、小冊子を受け取られた後でメールでお問い合わせ頂ければ、お見積りさせて頂きます。

 

取材は何時間くらい掛かりますか?

 基本的に丸1日とお考えください。取材はお仕事の様子を拝見させて頂きながら勝手に写真をパシャパシャ撮ったり、お話を伺わせて頂いたり、外出されるなら私も同行させて頂く感じです。
 取材日はアナタの営業日でお願いします。お仕事があれば私に構わずお仕事されて下さい。私と話す時間すら無いほどお忙しいのは困るので2時間程度は私とお話できる時間(営業時間外OK)を設けて下さい。
 新潟県外の場合は現地で1泊させて頂き、1日目で取材が終わらなかった場合に翌日も取材にお伺いさせて頂いております。
 短い場合は4時間程度で取材完了する事もございますが、せっかくの機会ですので夕方まで御社に居させてください。もしでしたら販促の相談などあれば無料でお答えもさせて頂いております。

 

本当にお面をかぶって来るの?

 はい、お面をかぶってお伺いいたします(笑)「お面して来られると困る!」という方は事前に言って頂ければ、お面ナシの普通の姿でお伺い致します。取材当日は予め職場の皆様に…「変な人が来るけどビックリしないように」と伝えておいて下さいね。いきなり警察に通報だけはご勘弁ください(笑)

 

当方には大きな犬が居ますが、佐藤さんは動物は大丈夫ですか?

 はい、大丈夫です。基本的にワンちゃんも猫ちゃんも大好きです。不思議と懐かれる事が多いです。ただしシベリアンハスキーだけは苦手なので、どこかに繋いでおいて下さいませ…(怖)


【名刺について】

 

いきなり完成品が届くのですか?

 いいえ、違いますよ。取材完了後2週間程度を目途に名刺のデザイン原案をPDFファイルでアナタにメール送信させて頂きます。原案通りでOKでしたらすぐに初版の300枚を印刷、気になる箇所があれば修正には無制限で対応させて頂いております。
 1発OKの人は希でして、「あそこだけちょっと…」と皆さん少なくとも1回は修正希望されますので、遠慮無くどうぞ。

 

追加印刷は佐藤さんに頼まないとダメ?

 いえ、他所に頼んで頂いて問題ございません。名刺のデザインデータをCDーROMに入れてお渡しさせて頂きますので、自前のプリンターかご近所の印刷ショップさんなどで「お好きな時に・お好きなだけ・お好きなように」印刷して名刺をお増やしください。
 魔法の名刺屋でもお電話1本で追加印刷を承っております。魔法の名刺屋の名刺印刷費用に関しては下の「佐藤さんに追加印刷を頼むといくら?」をご覧下さい。

 

佐藤さんに追加印刷を頼むといくら?

 両面タイプは100枚で3900円、200枚で4200円、300枚で4500円、400枚で4800円、500枚で5100円です。納期は5日ほどかかります。
 二つ折りタイプは100枚で6500円、200枚で6900円、300枚で7300円、400枚で7700円、500枚で8100円です。納期は10日ほどかかります。
 全て消費税と送料が含まれた金額です。

 

貰えるデータのファイル形式は?

 イラストレーター、PDF、JPEGの3種類です。CD─ROMに入れてお渡しさせて頂いております。追加印刷されたい場合はお手元のCDを印刷屋さんにお渡し頂ければ問題無く印刷して貰えます。
 似顔絵だけのデータや、取材時に撮影した写真なども全てCDに入れてお渡しさせて頂きますので、チラシや看板、SNSやブログやホームページなど、アナタの販促活動に自由にご活用ください。

 

貰ったデータを変更したい場合は?

 イラストレーターという専用ソフトがあればアナタご自身でデータ変更(編集)が可能です。
 イラストレーターをお持ちで無い場合はイラストレーターをお持ちの方にデータ変更をご依頼ください。イラストレーターは広告関係(印刷・デザイン)の会社や人なら100%持っているソフトウェアですので、ご近所の印刷屋さん、もしくはデザイン屋さんにご依頼頂けば対応して頂けるハズですし、私(魔法の名刺屋)にご依頼くださってもOKです。
 私が名刺データの変更をお受けさせて頂く場合、「電話番号の変更」や「写真1枚差換え」程度であれば2160円〈税込〉です。印刷料金は別途ご負担ください。変更したイラストレーターのデータをCDーROMで受け取りたい場合には別途5400円〈税込〉ご負担ください。メールでの受け取りでOKでしたら無料で結構です。


【名刺作成のお引受け対象者さんについて】

 

会社勤めですが注文できますか?

 申し訳ございません、お断りさせて頂いております。会社に頼らずご自身で行動される意識の高さは素晴らしいと敬服いたします。しかしながら、私(魔法の名刺屋)は自営業さんや小企業の社長様に「大会社に匹敵し得る信頼と安心感のある看板を持って頂きたい」との考えで活動しております。私自身がこの問題で苦労した経験から、同じ様に苦労しておられる事業主さんの為にチカラを尽くしたい考えです。もしアナタが独立されたら、その時は喜んでお請けさせて頂きますよ。

 

開業予定なんですが注文できますか?

 開業後、半年ほど経っていれば喜んで。実際に事業がスタートされていれば取材でアナタのお仕事ぶりも分かりますし、事業所や仕事の様子の写真も撮れますので。
 それといきなり「はたらく名刺」を使って成功したとしても、何が成功の要因だったのか分からないですよ。はたらく名刺を使わなくても事業が軌道に乗る事はございます。少なくとも半年ぐらいは自力でやって頂いて、それでも必要性を感じられたらご依頼ください。

 

まだ代替わりしてない後継者なのですが、注文できますか?

 それは喜んでお請けいたします。ただし条件がございます。お支払いはアナタの自腹でお願いします。アナタと本気で仕事をするのに支払いは第三者。これって私からしたら「変」です。それと私が取材に行っても問題が起こらないように社内に話を通しておいてくださいね。

 

個人事業主ですが、会社に所属している保険屋です。注文できますか?

 ゴメンナサイ、お断りをさせて頂いております。保険屋さんは確かに個人事業主かもしれませんが、会社に所属されている場合には一定程度組織に守られており、何の後ろ盾も無い個人事業主さんとは異なると考えます。保険屋さんの場合は独自に事務所を構えられている方のみ、お引き受けさせて頂いております。

 

私ではなく社員に持たせたいのですが、注文できますか?

 ゴメンナサイ、いきなりの社員さん名刺には対応しておりません。社長命令で社員さんが名刺を作る事になった場合、私と社員さんの間には信頼関係が存在せず、取材が上手く進みませんので。
 社長さんであるアナタがまず名刺を作成し、それを見た社員さんが「社長、その名刺いいですね!私もその名刺を使いたいです!」と自らの意思で希望されるのでしたら喜んで。依頼者と作成者、双方の信頼関係があってこそ充実した取材が出来、納得の名刺が出来上がると考えております。

 

メール使えませんが注文できますか?

 申し訳ありません、お断りさせて頂いてます。事前のやり取り、写真や原稿データの送受信などでEメール(パソコン)は必需品です。アナタがEメールを使えないとなりますと業務に差し障りがございます。定額サービスで展開している都合上、Eメールが使えない方からの御依頼はお請け致しかねます。
 余談ですが過去に、私に名刺を依頼したい一心でパソコンを覚えて来られたお客さまがいらっしゃいましたよ。


【その他のご質問について】

 

来月の商談会までに欲しいんだけど?

 私のスケジュール次第なので確約は出来ませんが、可能な限り努力いたします。お急ぎでしたらなるべくお早目にご注文くださいね。

 

中野さんの言霊名刺との違いは?

 有名な中野さんの「言霊名刺」と比較されるとは光栄です。私の「はたらく名刺」との違いは値段です。いえ、冗談です(笑)確かに値段も違いますが内容も明確に異なります。

 名刺らしからぬ構成で度肝を抜く点、詳細なプロフィールで人を売る点、この2点においては共通しています。相違点は「売るスタンス」です。正直に申し上げまして「名刺交換で直接仕事を取る」という目的において中野さんの言霊名刺の方が断然優れています。
 言霊名刺は4つ折り8面、大きな紙面をフル活用しお客様の悩みに訴求、それを解決できるのが自分である事を示す。その証拠として詳細な商品説明に始まり実際に利用された方のご感想、名刺を持つ人だけが得られる特典まで、売る為に必要な要素が完璧に近い形で備わっています。言わば「チラシ・ホームページ」の良いお手本。といった感じ。まず攻めて、更に「押す」スタンスです。
 はたらく名刺は、何屋さんかを分り易く掲載し、仕事の舞台裏を公開。あたかも前に何度も買った(依頼した)事があるかの様な親近感を持ってもらう事を目的としております。いざ自分の業界の商品・サービスが人から必要とされた時に、選択肢として他社に先駆けて自分を真っ先に思い出して頂けるよう、相手の記憶に楽しく明るく刻み込んでおく。言わば「看板・ニュースレター」の良いお手本といった感じ。まず攻めて、後は「待つ」スタンスです。ちなみに中野さんは自著の中で「名刺の出来が良すぎて、名刺の本人よりも制作者の方が話題になるような名刺はダメだ。」と書かれておられましたが、はたらく名刺はモロそれに該当します(笑)人の売り方にも違いがあり、言霊名刺は「浪花節」、はたらく名刺は「サラっと、ぶっちゃけ」です。

 どちらが良い悪いの話ではなく、アナタがどちらの売り方がお好きか?でお選び頂けば良いのではないかと考えます。もしアナタが私に作成依頼をして下さる場合には私のスタンスに100%ご納得・ご支持の上でご依頼くださいね。

 

貰える名刺のデータはどんな風に活用できるの?

 名刺のデザインをそのまま引き延ばして看板にしたり、枠広告に使われる方が多いようです。似顔絵はチラシに掲載したり、SNSのアイコンにしたり、オリジナルグッズを作られる方も結構いらっしゃいますね。私が取材時に撮影したお写真はホームページやFacebookなどで使って下さっているケースをよく目にします。

 実際どのように活用されているのかは次ページに写真付きで詳しくご紹介させて頂いておりますので、ご参考になさってみてください。

 というワケでございまして…

はたらく名刺のデータ活用例ページへ

 

【小冊子の無料プレゼント】

無料小冊子(売れる名刺作成方法 虎の巻)プレゼントページへ

 魔法の名刺屋では、名刺交換から商売繁盛を始めようというアナタの為に、たった3分でアナタの名刺が激変する(かもしれない)小冊子「はたらく名刺の作り方」を無料進呈中です。

 今時は名刺くらいパソコンあれば誰でも作れますものね。アナタでも売れる名刺が作れるようになるヒミツの手引書(虎の巻)となっております。

 「無駄な名刺交換で、もうこれ以上時間を無駄に出来ない。」そうお考えの方は、魔法の名刺屋の無料小冊子を請求してみてくださいね。

 小冊子をご請求頂いても後追い営業は一切しませんのでご安心ください。そもそも私1人でやっている事業なので、後追い営業しているヒマも無いのです^^