トップ > はたらく名刺ご依頼事例 > その2

お客様が売れる名刺の作成を依頼・注文した理由 その2

ご依頼の理由は人それぞれ。色んなお悩みがあるものです。


 

【はたらく名刺お客様インタビュー、その2】

「初対面の方との会話の糸口が掴めなかったんですよね 」金属製品メーカー社長さん(新潟県燕市)の売れる名刺作成事例

新潟県燕市の金属製品メーカー「株式会社 創明工芸」澁木社長にお話伺いました。

 

 澁木社長、よろしくお願いいたします。まず、以前の名刺ではどういったご不便を感じておられましたでしょうか?

 うーん、そうですね。初対面の方と初めて会った時に会話の糸口が掴めなかったりだとか、「あぁ、そう。」みたいな感じで名刺交換して終わってしまう事が多かったですよね。だから自分の名刺、なんとかしなきゃイカンなぁとずっと思ってたんですよ。

 

 まぁ普通の名刺交換って、誰でもそんな感じですよね。そもそもの話ですが、はたらく名刺はどうやってお知りになられましたでしょうか?

 佐藤さんとは確か新潟であった誰だったかの勉強会の時に初めてお会いしたんでしたよね。でも佐藤さんの事は以前から知っていましたよ。誰かが佐藤さんの名刺を使われていたので「あぁ、これはいいな。」と思ってましたんで。その勉強会の時に頭に変なモノ被った佐藤さんがいて、せっかくお会いできたのでもうその時に「頼んでしまおう」と思いましたね。

 いつも変な格好しててスミマセン(笑)それで、はたらく名刺のどういった部分に期待してご注文下さったのでしょうか?

 自分の名刺、なんとかしなきゃイカンとは前々から思ってて、今まで名刺交換させて頂いた中で、変わった名刺だったり気になるような名刺は別に分けて集めておいたんですよね。その中で佐藤さんの作られた名刺は抜群にインパクトがありましたんで。

 

 インパクトは自信あります(笑)でも割と費用もお高いのに、ご期待下さったのはインパクトの部分だけでしたでしょうかね?

 いや、インパクトも大事なんだけど、あと自分のやってる事が分かってもらえる点ですよね。ちゃんと取材してくれて、私の事を理解した上で作ってくれて、尚且つ私が気付いてないような事も炙り出してくれて、それを名刺に載せてもらえるんで。私という人間を分かってもらうのに非常に良いツールになるなと。

 

 取材に期待して下さってたとは嬉しいです。それで、ご自身の名刺の原案を初めてご覧になった時のご感想はいかがでしたでしょうか?

澁木社長のお名刺は二つ折り(見開き)4面タイプでお作りさせて頂きました。

 

 客観的な佐藤さんの目から見ると、私の頭ってこんなに薄くなっているのかと… ぐはぁぁっ!とショックでした(笑)この際スキンヘッドにしようかなとか考えてみたり(笑)
 

 

 似顔絵は大袈裟に描くのでご容赦ください(笑)それで、はたらく名刺に変えてどのような変化がありましたでしょうか?

 はたらく名刺だと、まずビックリされるというのが最初にあって、次にお相手の方がジ~っと読み始めるんですよね。そういうのって中々無くて、そこからはもう話がどんどん広がって行きます。初対面の方と余計な話で盛り上がれるようになりましたね。それも仕事以外の話で。

 

 名刺交換の時間がだいぶ様変わりしたという事ですね。具体的にはどんな風に会話が広がって行かれるのか、最後にお聞かせ下さい。

 名刺には仕事の事も書いてあるんですけど、受け取られた方って名刺を見ても仕事の事には全く触れなくて、まず私の趣味に引っ掛かるみたいです。漫画いっぱい持ってるとか、オートバイ乗ってるとか。そこから色んな会話が盛り上がっていく感じ。
 あ、そうそう、取引先の部長さんなんか今まで用事が無ければウチに来る事無かったのに、わざわざ漫画の話をしに寄って下さったりだとかしますからね。そういった感じで名刺をお渡しさせて頂いた方との無駄話は非常に増えました(笑)

 

売れる名刺を作成された金属製品メーカー社長さんと新潟の魔法の名刺屋

以上、新潟県燕市「株式会社 創明工芸」澁木社長のご注文事例でした。

もしアナタが名刺作成のご依頼をお考えでしたらご参考になさって下さいね。

  



ご注文事例の記事は他にもありますので、
アナタのお悩みに近いモノがあったら是非クリックしてお読みください。

 

普通の名刺を渡しても覚えてくれる人はいない|行政書士さん
自作の名刺だとバランス悪いし字ばかりでインパクトが無い|バルーンアーティストさん
普通の名刺だと自分の仕事を説明し辛い|整体師さん

普通の名刺だと渡した相手が戸惑う|占い師さん


 

それにしても皆さん、様々なお悩みがあるものですね。
私にその解決能力「アリ」と見てご依頼下さったという事でしょうか。
お役に立てたようで何よりでございました。

 

さて、アナタもそろそろ「はたらく名刺」を作りたくなってませんか?
注文するにはやっぱり費用が気になりますよね。そんなワケでございまして…


次ページに料金やルールを分かり易く掲載したので引き続きお読みください。

 

「はたらく名刺は何枚でいくら?」作成費用・料金ページへ

 

【小冊子の無料プレゼント】

無料小冊子(売れる名刺作成方法 虎の巻)プレゼントページへ

 魔法の名刺屋では、名刺交換から商売繁盛を始めようというアナタの為に、たった3分でアナタの名刺が激変する(かもしれない)小冊子「はたらく名刺の作り方」を無料進呈中です。

 今時は名刺くらいパソコンあれば誰でも作れますものね。アナタでも売れる名刺が作れるようになるヒミツの手引書(虎の巻)となっております。

 「無駄な名刺交換で、もうこれ以上時間を無駄に出来ない。」そうお考えの方は、魔法の名刺屋の無料小冊子を請求してみてくださいね。

 小冊子をご請求頂いても後追い営業は一切しませんのでご安心ください。そもそも私1人でやっている事業なので、後追い営業しているヒマも無いのです^^